研究/フラッグシッププロジェクト

我々は,「Society5.0」「AI」「コンピュータビジョン」「スマート農業」「オープンイノベーション」「X-tech」「ベンチャー」「アグリテック」「フードテック」「エネルギー」などをキーワードに実際に社会に役立つ研究・開発を目標としています.
主要キーワード:

AI・IoT・スマート農業・ドローン

AIによるトマト認識・コオロギ生態把握システム開発,知農ロボットのためのAI姿勢認識,スマート植物工場など

食品ロス・昆虫・代替タンパク質

食品ロスを活用した昆虫生産システムの構築など

再生可能エネルギー・廃熱利用

代替タンパク質&再生可能エネルギー生産ハイブリット生産,廃棄物焼却場の廃熱利用型農業生産システムの構築
蓄熱材ハスクレイの活用

野生鳥獣対策・スマートトラップ

野生獣対策用スマートトラップの開発,WebGISハンターマップの構築

食品開発・3Dプリンター(予定)

昆虫粉末などを活用した食品3Dプリンターによる新食品開発(予定)

教育工学・STEM教育・アグリEdTech

アグリEdTechコンテンツの開発,Mooc活用

電気通信大学・佐藤証教授の研究(スマート都市農業/水耕栽培/スマート都市養蜂)

共同研究の一環で,指導を受けることが可能です.

フラッグシップ研究プロジェクト

昆虫&代替タンパク創出プロジェクト

 

  • 連携企業・研究所一覧
    安川電機 様
    太陽グリーンエナジー 様
    ウム・ヴェルト 様
    陸えびJAPAN 様
    ハイジェント様
    産業総合研究所 様
  • 連携予定企業一覧
    ミツイワ様
    ミダック様
    齋藤精機 様
    オールコセイ 様

修論・卒論テーマ&研究グループ(2022年)

  1. AI&IoT・スマートアグリグループ
    1-1.ハイブリットコンテナファームの構築-スマート遠隔植物工場を活用した教育利用-:岸(4年)
    1-2.NA-アグリテックドローンの開発-小型汎用ドローンの検討-:平井(4年)
    1-3.AIエッジコンピューティングを活用したアグリロボット開発:赤津(4年)
    1-4.AIを活用したARシステムの開発:徳田(4年)
    1-5.知農ロボットの構築-AI姿勢認識の活用-:千葉(4年)
    1-6.クリエイティブAIの調査と農業分野への活用の検討:佐藤(4年)
  2. アグリテック/昆虫・代替タンパクグループ
    2-1.食品ロス用飼料設計・産卵孵化技術開発:秋山(M1)・出野(M1)
    2-2.昆虫スマート生産:秋山(M1)・タナコーン(M1)
    2-3.ハイブリット型Cricketコンテナアグリファームシステムの開発:西野(M1)
    2-4.昆虫生産用スマートコンテナの設計と開発:高橋(4年)
    2-5.食品3Dプリンターによる昆虫食品の開発:廣(2年)※仮
    2-6.蓄熱材ハスクレイを活用した廃熱利用型生産技術開発
  3. 野生鳥獣対策スマートアグリグループ
    3-1-野生獣対策用スマートトラップの開発:長田(4年)
    3-2-GISハンターマップ/ドローン防除・捕獲輸送
  4. Mooc/アグリEdTechグループ
    4-1.アグリEdTechのためのメタユニバース活用の検討:佐藤千(4年)
    4-2.Mooc
  5. 提案型/ベンチャーグループ

アライアンス&オープンイノベーションへ

複数の企業・団体様と,アライアンス&オープンイノベーションで,「社会実装を想定した研究・開発」を目指していきます.